• 忘れ得ぬ人々 (20)   桑野昭子(てるこ)先生を偲んで  平田 永遠子(とわこ)
    私が初めて桑野昭子先生にお会いしたのは昭和五十八年、朝霞の先生の御自宅で開催された母親教室でした。 先生は常に明るくにこやかに皆さんに接し、美しい声で話をされ、包容力のある信仰一筋の生活をされていました。 当時、白鳩会長 […]
  • 忘れ得ぬ人々 (19) 夫、山本良秋との出会い   山本 榮 
                 昭和三十年九月、親戚の叔母に誘われて上京したその翌日、文京区青年誌友会に案内されて、そこで青年会の役員であった山本良秋さんと初めて出会いました。 当時茗荷谷の塚原医院の三畳の部屋を借り、そこを拠 […]
  • 忘れ得ぬ人々 (18) 母、中村雪子のこと  
        佐竹 房子    母、中村雪子が、生長の家に入信いたしましたのは、昭和二十三年頃でした。  その当時、私達一家は下関市にある母の実家に住んでいました。母は父の戦死の知らせを受け、働き始めておりましたが、胸膜炎を患 […]
  • 忘れ得ぬ人々 (17) 添田三枝子先生を偲んで
    飯田 文子 私が結婚して間もない頃、友人も知人も全くいない上尾の団地に、添田三枝子先生と安達しげ子さんが訪ねてきてくださいました。 いつも二人で上尾の家々を訪問され、信徒さんの開拓をされていました。添田先生の家で誌友会が […]
  • 忘れ得ぬ人々 (16)種子田(たねだ)誠子講師
     浅子貴美子 種子田誠子先生に最初にお会いして感じたのは、言葉使いがとても丁寧で吃驚したことでした。これから先どう接していったら良いのか…と思うほどでした。私は、母親教室をしていた木本邦子さんと最初に出会い、娘が小さい頃 […]