“地球を愛する心美人”を増やそう

普及誌担当副会長

ネットフォーラムで、ある方が「私は地球をハグするような思いで毎日祈っています」と言われたことが印象に残りました。神の子を表現する舞台である大切な地球が危機に瀕している。地球を抱きしめるような思いで祈り行動すればいいのだと、その言葉が心に落ちました。毎月の普及誌をじっくり読むと、S D Gsのこと、原発、海洋汚染等々、なんと今必要なことを学ばせていただいているのだろう、この得た知識を自分のものばかりにせず他の人に伝えたい、共感し行動してくれる人を増やしたいという熱い重いが湧いてきます。そんな時6年振りに再会した友人、仕事を始めて真理に触れる機会が少なくなった友人、24歳の我が娘と、立て続けに三人の人に普及誌のすばらしさを話す機会に恵まれたのです。熱心に話を聞いてくれたことを嬉しく感じました。こちらが伝えたいという強い願いをもっていると、環境がそのように展開していくのだということを実感し、丁寧にお伝えしていかなければと思いを新たにしました。普及誌を共に読み、信仰心をもった”地球を愛する心美人“を増やしていきたいと思います。

娘をはじめ3人に普及誌の素晴らしさを伝える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です